ここから本文です

富山市議会の政活費 市民団体が返還求め訴訟/富山

7/19(水) 20:55配信

チューリップテレビ

 政務活動費を不正に取得していた富山市議会の5つの会派について、富山市の市民団体が、市長が各会派に返還請求するよう求める訴訟を富山地裁に起こしていたことがわかりました。
 返還請求の額は合わせて2075万円あまりに上ります。
 提訴したのはNPO法人『市民オンブズ富山』です。
 訴訟の発端となったのは、富山市議会の5つの会派が2015年度に受け取った政務活動費の中に不適切な支出があったとして今年4月に市民オンブズ富山が行った住民監査請求です。
 不適切な支出の総額は5つの会派合わせて2270万円あまりに上るとして、市への返還を求めていました。
 しかし、不適切な支出と認められたのは自民党が支出した101万円あまりでした。
 市民オンブズ富山は請求が棄却された2075万円あまりについても支出の正当性に納得のいく資料が出されなかったとして森市長が各会派に返還請求するよう求める訴訟を先月30日に起こしました。

 今回の訴訟の第1回口頭弁論は9月11日に行われます。

チューリップテレビ

Yahoo!ニュースからのお知らせ