ここから本文です

大川藍、街中で連絡先を聞かれイラッ「イケそうって思われたのがショック」

7/19(水) 16:00配信

AbemaTIMES

 世の中の怒りを鬼に扮したバカリズムが受け止め、手書きイラストでバカリズム流の“仕返し”を提案する『必殺!バカリズム地獄』の第13回が放送され、ゲストにモデルの大川藍、漫画家の水野しず、セクシー女優の紗倉まな、女優の長井短が登場し、鬼ギレエピソードを語った。

 同番組はヤンキー鬼に扮したお笑い芸人・バカリズムが様々な職業の女性から寄せられた鬼ギレエピソードを吟味。最も地獄に落とすべき人を決める1時間のレギュラー番組だ。

 最近の鬼ギレエピソードとして、街中でファンと遭遇したときの出来事を紹介した大川。「同世代くらいの男性に“いつも見てます”って言われて、普段なかなか声をかけられることがないからうれしいって思った」と話した。

 しかし、「ずっとアイドリングのときから大川アオイさんのことを見ているんですよ」と言われガッカリ。自身の名前を覚えられていないことにショックを受けたという。さらに、「そのあと『連絡先とかって聞いてもいいですか?』って言われて腹が立ちました。イケそうって思われたのがショックで」と話し、似たような経験が2~3回あるという。

 セクシー女優の紗倉もこれに同意。「私も似ている女優さんがいてよく間違えられる。悔しい思いをすることが多いし、知らんふりしてどっか行っちゃうことが多いですね」と話した。大川は「普通のナンパだったら『可愛いと思ってくれてるのかな』って思ってうれしいけど、芸能人として聞かれるのは嫌。いけるランクだと思われているみたいで」と複雑な胸の内を明かした。

(AbemaTV/『必殺!バカリズム地獄』より)

最終更新:7/19(水) 16:00
AbemaTIMES