ここから本文です

オランダ2年目の“侍レフティー”が練習試合でゴール 慣れ親しんだトップ下で結果を残す

7/19(水) 18:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

2年目を迎える小林祐希

新シーズンに向けて海外で日本人選手が躍動する中、オランダで2年目を迎えるサムライが結果を残している。

小林祐希がゴールにドリブルに大暴れ! 練習試合で見せたプレイが圧巻(動画アリ)


16-17シーズンよりジュビロ磐田からオランダ1部リーグのヘーレンフェーンへ移籍した小林祐希は、2年目のシーズンを迎える。海外初挑戦となった16-17シーズンは、アンカーにポジションを移しチームの中心として活躍。昨年は日本代表に選出され、ゴールも決めてみせた。しかし、現在は声が掛からない状況が続き、自身にとって勝負のシーズンにもなる。

新シーズンに向けて練習試合を行うヘーレンフェーンは、18日にフォレンダムと対戦した。オランダでやり慣れたアンカーではなくトップ下に入った小林は、積極的にボールに絡み今シーズン初ゴールを記録。ゴール以外にも卓越したテクニックを披露し、前のポジションでもプレイできることを証明して見せた。また同選手は自身のInstagramで「1年ぶりにトップ下でプレイ! シーズン初ゴールも決めることができた! 課題は多いが1つ1つクリアして良い状態で開幕を迎えたいです!」と、ゴールの喜びと来シーズンへの意気込みを語っている。

開幕戦は、今夏に堂安律が加入したフローニンヘンとの対戦が決まっている。開幕でいきなり日本人対決となるが、よりゴールに近いポジションでプレイする可能性が出てきた小林は、ゴールやアシストという形で結果を残したい。オランダで2年目を迎える小林に期待が懸かる。

https://www.theworldmagazine.jp