ここから本文です

【MLB】ヤンキースがWソックスと3対4の大型トレード 昨季40発フレイジャー獲得

7/19(水) 13:54配信

Full-Count

2014年にヤンキースで39セーブのロバートソンは出戻り

 田中将大投手が所属するヤンキースが、ホワイトソックスの3対4の大型トレードを成立させたことを発表したと米複数メディアが報じた。

日本人最高は…衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 ヤンキースはホワイトソックスからトッド・フレイジャー内野手、デビッド・ロバートソン投手、トミー・カーンリー投手を獲得。ホワイトソックスにはベテランの中継ぎ右腕タイラー・クリッパード投手に加え、2016年のドラフト1巡目(全体18位)の有望株ブレイク・ラザフォード外野手、2013年のドラフト1巡目(全体33位)イアン・クラーキン投手、コロンビア出身の有望株ティト・ポロ外野手が移籍する。

 三塁と一塁を守れるフレイジャーは2015年にレッズで35本塁打を放ち、2016年には移籍したホワイトソックスで40本塁打をマーク。今季は81試合出場で打率.207、16本塁打、44打点となっている。

 また、ロバートソンは2006年にドラフト17巡目でヤンキースに入団し、2008年にメジャーデビュー。セットアッパーとして活躍し、伝説の守護神リベラが引退した翌年の2014年にはクローザーとして39セーブを挙げた。同年オフにFAとなり、ホワイトソックスに移籍。2015年は34セーブ、昨年は37セーブを挙げ、今季は31試合登板で4勝2敗13セーブ、防御率2.70となっている。ヤンキースには守護神チャプマンがいるため、まずはセットアッパーとして起用されることになりそうだ。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/19(水) 13:54
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/22(金) 15:55