ここから本文です

ホークス甲斐の「キャノン砲」炸裂 二塁へ矢のような送球、栗山を刺す

7/19(水) 19:38配信

Full-Count

3回にはソロ弾、攻守で貢献

 ソフトバンクの甲斐拓也捕手が「キャノン砲」を炸裂させた。19日の西武戦(北九州)。4回のピンチで、自慢の強肩が火を吹いた。

【動画】ホークス甲斐の大きな弧を描く4号ホームラン

 この回、先発の松本裕が、先頭の栗山、続く外崎に連打を浴び、無死一、二塁を招いた。ここで打席に迎えた炭谷の初球だった。外角いっぱいの真っすぐを、バントの構えから見逃した炭谷。二塁走者の栗山のリードが大きくなったのを甲斐は見逃さなかった。キャッチングから素早いスローイングで二塁へ矢のような送球。この日午後に降ったゲリラ豪雨により、若干水分を含んだグラウンドに栗山が足を取られたこともあって、悠々のアウトとなった。

 3回の第1打席では、右翼席への4号ソロを放っていた甲斐。打撃だけでなく、持ち前の守備でも、先発の松本裕を援護した。だが、その後、右腕は2死二塁から金子侑に中前適時打を浴びて、1点を加えられた。

福谷佑介●文 text by Yusuke Fukutani

最終更新:7/19(水) 19:38
Full-Count