ここから本文です

横浜DeNAラミレス監督、後半戦3連勝発進に「スタートダッシュを目指していた」

7/19(水) 22:53配信

AbemaTIMES

 横浜DeNAが7月18日、対ヤクルト15回戦に5対3で勝利し、同一カード3連勝を飾った。ヤクルトは2度のリードを守れず泥沼の13連敗。アレックス・ラミレス監督(42)は「後半戦のスタートダッシュを目指していたので非常に大きい」と手応えを口にした。インタビューの内容は以下の通り。

―桑原選手が8回によく打ちましたね。

 本当によく打ってくれました。難しい球でしたがしっかり打って、素晴らしい仕事をしてくれたと思います。

―大事だと話していたオールスター明けの後半戦スタート、いずれも接戦をものにしての3連勝となりました。

 とても大きいと思います。後半戦のスタートダッシュを目標にしていましたので、今後また1日1日やっていくことになりますが、今はこの3連勝を喜びたいと思います。

―今日は宮崎が打ち、ロペスが打ち、筒香が打ち、桑原が打ち、リリーフ陣も流れを渡しませんでした。どのあたりが一番うれしかったですか。

 みんなよくやってくれたので、一番を選ぶというのはなかなか難しいですけど、やはり桑原が打ってくれて勝ちにつながったので、そのプレーかなと思います。

―6回はバッテリー双方に代打を送りました。点には結びつきませんでしたが、勝負に出たというのを感じました。

 そうですね。キャッチャーを代えてパターンを変えたいというのがありました。どちらのキャッチャーもよくやってくれたと思います。

―ナイスゲームでした。次も期待しています。

 ありがとうございます。次のゲームからもしっかりベストを尽くして勝っていきたいと思います。

最終更新:7/19(水) 22:53
AbemaTIMES

スポーツナビ 野球情報