ここから本文です

インハイ女子注目校①岐阜女子高校「武器はディフェンス、ディヤサンと石坂ひなたを中心に総体初制覇へ」

7/19(水) 12:36配信

バスケットボールキング

7月28日から8月2日にかけて福島県福島市で行われる平成29年度全国高等学校総合体育大会 バスケットボール競技大会(インターハイ)。都道府県予選を勝ち進んだ男女各59校の中から注目校をピックアップした。

■女子注目校①岐阜女子高校(岐阜県)

 2年前の全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会(ウインターカップ)で宿敵、桜花学園高校(愛知県)を破って、悲願の初優勝を遂げた岐阜女子。しかしインターハイには縁が遠く、これまでの最高順位は準優勝が3回あるだけ。もちろんそれもすごいことだが、今年はさらにチャンスがある。というのも、今シーズンに入って桜花学園との対戦成績は3戦して3連勝中なのだ。

 大きな要因の1つが、昨年から試合に出ている190センチのセンター、バイ・クンバ・ディヤサンの存在。高さを活かしたポストプレー、リバウンドで桜花学園のみならず、対戦相手をなぎ倒していく。加えて、キャプテンの石坂ひなたが強いリーダーシップを発揮し、コートに立つ下級生を精神面でバックアップする。ディフェンスがディヤサンに寄れば、石坂自身が積極的にアタックし、相手の的を絞らせないのも特徴だ。

 しかし何といっても、岐阜女子の武器はディフェンス。鍛えあげられた足腰と体幹をベースに、しっかりと相手の動きについていき、体の正面で止める。当たり前のことを当たり前にできることが岐阜女子の強さでもある。ハードなディフェンスと、ディヤサンを中心としたオフェンスでインターハイ初制覇を狙う。

文・写真=三上太

BASKETBALL KING