ここから本文です

平和考える本を展示 富山市立図書館

7/19(水) 15:02配信

北日本新聞

 子どもたちに平和の大切さを考えてもらおうと、富山市立図書館は19日、同市西町の同館で企画展示「伝えたい願い~戦争の記憶から~」を開いた。8月31日まで。

 富山市在住の中田博さんから昨年8月、富山大空襲の体験を基にした著書「あの日とコスモスとぼくと~富山大空襲の話~」の寄贈があったことを機に企画した。

 絵本や体験記、ノンフィクションなど戦争と平和に関する248冊を用意。日本の空襲や現代の戦争など四つのテーマに分けて80冊ほどを並べた。貸し出しは可能。

 「あの日と―」や「のぶちゃんの戦争体験」など富山大空襲をテーマにした絵本、広島・長崎の被爆者、ガザ地区の子どもたちを取り上げた図書などがそろっている。

北日本新聞社

最終更新:8/2(水) 19:03
北日本新聞