ここから本文です

ボッタスの2018年メルセデスF1残留はほぼ確実に。代表が認める

7/19(水) 6:55配信

オートスポーツweb

 イギリスGPでバルテリ・ボッタスはまたも着実なパフォーマンスを発揮し、すべての兆候はメルセデスF1が彼との契約を2018年に向けて延長することを指し示しているようだ。

ボッタスの来季残留はほぼ確実と示唆したトト・ウォルフ

 キャリア2度目の優勝をオーストリアGPで成し遂げたボッタスは、シルバーストンで開催されたイギリスGPでは5グリッド降格を受け劣勢な位置からスタートを切ったものの、チームに2位フィニッシュをもたらした。

 ボッタスはメルセデスと1年契約を結んでいるが、毎回合格点のレース運びをしており、メルセデス・モータースポーツのボス、トト・ウォルフは、このパフォーマンスなら来シーズンも彼をチームにとどめるのは当然であると確信している。


 ウォルフは、シルバーストンでフィンランドの放送局C Moreに「バルテリには心から満足している」と語った。

 2018年に向けてのボッタスとの契約について聞かれ、「彼のパフォーマンスを考慮すれば実に簡単な決断だと考えている」と彼は付け加えた。


「しかし、来年だけではなくその後のシーズンについても考えなければならない。我々はすべてのパズルのピースを組み立てて全容を理解する必要がある」

「ブダペストでのレース後、ビーチでもっとじっくり考えることにしよう」とウォルフは笑みを見せた。

 ウォルフのこの発言は、メルセデスが2019年とそれ以降のシーズンに向けてセバスチャン・ベッテル、ダニエル・リカルド、フェルナンド・アロンソといった他のトップクラスのドライバーを獲りにいく可能性があることを示している。

 ボッタスは2018年に残留するのかと聞かれたウォルフは、「そうなると思う。我々としては90パーセント、その準備ができている」と語った。


[オートスポーツweb ]