ここから本文です

ヒマワリ倍増7000本 金沢・平栗で早咲き見頃

7/19(水) 2:36配信

北國新聞社

 金沢市平栗(ひらぐり)の休耕田を利用したヒマワリ畑が今年、これまでの2倍に広げられた。約7千本のうち、早咲きの品種が18日、見頃を迎えた。整備から6年目の畑は、中山間地の隠れた花の名所として知られ始め、訪れる人が増えている。

 地元の企業が2012年から、住民と協力してヒマワリ畑を整備してきた。例年育てている品種「ハイブリッドサンフラワー」は18日、七分咲きとなり、訪れた人は鮮やかな黄色の大輪に埋もれるようにして、思い思いに撮影を楽しんだ。

 今年は新たに遅咲きの品種「はるかのひまわり」も植えており、こちらは今週末に咲き始める見込みとなっている。

 18日の石川県内は曇りで、日中の最高気温は輪島30.5度、金沢30.4度となった。金沢市内では熱中症の疑いで30代男性が救急搬送された。大気の状態が不安定になり、金沢地方気象台は雷注意報を出した。

北國新聞社

最終更新:7/19(水) 2:36
北國新聞社