ここから本文です

晴天の県内、梅土用干し

7/19(水) 17:04配信

北國新聞社

 夏の土用入りした19日の石川県内は、高気圧に覆われて晴れまたは曇りとなり、正午までの最高気温は七尾31・1度、金沢30・9度など4地点で真夏日を観測した。加賀市消防本部によると、同市の女性(56)が熱中症の疑いで搬送された。軽症とみられる。

 金沢市野町5丁目の「かぶら寿し本舗かばた」では青空の下、梅の土用干しが始まり、塩漬けされた梅が日差しを浴びて甘酸っぱい香りを漂わせた。

 土用干しは梅の皮を柔らかくし、色づきをよくするための作業で、8月下旬まで行われる。今年は梅が不作で、例年より仕込みの量はやや少ないという。梅は日当たりの良い屋上で3日間干した後、シソと漬け込み、10月ごろに店頭に並ぶ。

北國新聞社

最終更新:7/19(水) 17:04
北國新聞社