ここから本文です

[クラブユース選手権(U-15)]小笠原満男アドバイザーの岩手街クラブが優勝、山形JYも突破を決める:東北予選

7/19(水) 21:34配信

ゲキサカ

 第32回日本クラブユース選手権(U-15)大会東北予選は、決勝でモンテディオ山形ジュニアユース村山(山形)を破ったRENUOVENS OGASA FC(岩手)が優勝した。同クラブはレイソルSS盛岡として2度の全国大会出場経験があり、提携解消後からは鹿島アントラーズのMF小笠原満男がアドバイザーを務めている。

 本大会は8月15~24日に北海道の帯広市、幕別町、中札内村の計5会場で行われる。

■東北代表
1.RENUOVENS OGASA FC(3)
2.モンテディオ山形ジュニアユース村山(2)

[準々決勝](7月2日)
福島ユナイテッドU-15 1-2 RENUOVENS OGASA FC
モンテディオ山形ジュニアユース庄内 1-0 FCみやぎバルセロナ
モンテディオ山形ジュニアユース村山 3-2 リベロ津軽SC
FCあきた 1-1(PK3-5) ウインズFC

[準決勝](7月8日)
RENUOVENS OGASA FC 2-1 モンテディオ山形ジュニアユース庄内
モンテディオ山形ジュニアユース村山 3-0 ウインズFC

[決勝](7月9日)
RENUOVENS OGASA FC 2-1 モンテディオ山形ジュニアユース村山

最終更新:7/19(水) 21:39
ゲキサカ