ここから本文です

東証:モルガン・スタンレーMUFG証を処分-自己売買の停止

7/19(水) 18:01配信

Bloomberg

東京証券取引所は19日、モルガン・スタンレーMUFG証券に対して自己勘定による有価証券の売買停止と過怠金8000万円を賦課する処分を発表した。同証の自己売買取引で株式の相場操縦が認められたことなど違反行為への措置。

東証の発表によると、自己勘定の売買停止は同証の株式統括本部株式トレーディング本部が対象。停止期間は7月31日から8月2日までの3営業日。同社は、2015年9月以降に西武ホールディングス株について買い付ける意思がないのに多数の買い注文を発注し、株式の売買が活発と誤解させて相場を変動させたことが金融商品取引法に違反した。

金融庁は昨年12月に、同証の自己売買取引で株式の相場操縦があったとして課徴金2億1988万円の行政処分を行った。

Shingo Kawamoto

最終更新:7/19(水) 18:01
Bloomberg