ここから本文です

史跡でよく見かける、あのマネキンがアイドルに!? 生野銀山から〈GINZAN BOYZ〉デビュー/兵庫

7/19(水) 14:29配信

Webマガジン コロカル

コロカルニュースvol.2141

兵庫県の真ん中にある朝来(あさご)市。ここには、戦国時代からの歴史を持つ史跡・生野銀山があります。1973年に閉山し、現在は史跡となっています。

【写真で見る】デビューシングル『ギンギラ銀山パラダイス(GGGZPDS)』、大規模な銀山ロケを敢行

当時の労働者達を再現したマネキンが設置されて往年の様子を伝えているのですが、いまいち入場者が増えない……。そこで、ぜひ銀山の魅力を伝えたいと、プロモーション動画が作られました。

その名も『ギンギラ銀山パラダイス』!

ギンギラな衣装をまとったマネキンたちが、アイドルに扮する衝撃の一曲です。デビューシングルは『ギンギラ銀山パラダイス(GGGZPDS)』。

このアイドルユニットの名は〈GINZAN BOYZ(ギンザンボーイズ)〉という、どこかで聞き覚えのある名前……。日頃は、坑道や資料館の中で体を張って当時の様子を再現している彼ら。なんと総勢60人。飛鳥、竹泉、翔くんら、個性的なメンバーが所属。

岩を掘る“堀大工”など、彼らはそれぞれに重要な職責を担っています。愛する家族のため、友人のため、あるいは自分のために、その命をギンギラギンに燃やしつくしたメンバーたちです。880メートルの地下にいるため、「超地下アイドル」と呼ばれています。

本プロジェクトは、地元・朝来市も全面バックアップ。生野銀山にほど近い兵庫県立生野高等学校の生徒たちがバックコーラスとして参加しています。もしかしたらGINZAN BOYZの末裔かも!? 朝来市の多次勝昭市長もビデオに登場しています。

そんな銀山ボーイズの門出を記念したお披露目イベントが、2017年7月26日(水)に生野銀山入り口前で開催。メンバーたちによる楽曲披露やゆかいなトークショー、主要メンバーと直接ふれあえるフォトブースも設置予定。

BOYZとの思い出を持ち帰ることができる限定グッズや、小学生が夏休みの宿題に利用できる「自由研究 生野銀山徹底研究シート」もあるのだそう。

ちなみに銀山の坑道内は、年間を通して約13度。天然のクーラーでギンギラギンに冷えています。
イベントの詳細は、公式サイトにて。

information
銀山ボーイズ
生野銀山:兵庫県朝来市生野町小野33-5
Web:公式サイト〈超スーパー地下アイドル「GINZAN BOYZ」〉


writer profile
Akiko Saito
齋藤あきこ
さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。

【コロカルニュース】とは?
全国各地の時事ネタから面白情報まで。コロカルならではの切り口でお届けする速報ニュースです。