ここから本文です

20回目メジャー挑戦 松山英樹、全英攻略へポイントは「風」

7/20(木) 6:53配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<全英オープン 事前情報◇19日◇ロイヤルバークデール(7,156ヤード・パー70)>

青木功も全英入り!松山英樹のVに太鼓判

海外男子メジャー第3戦「全英オープン」開幕前日の水曜日。松山英樹は谷原秀人、宮里優作と共にOUT9ホールの練習ラウンドを行った。

最後の調整を終えて報道陣の前に立った松山は「ショットは悪くはないけど、良くもないという感じ。パッティングはわからないですね…日替わりなので」現状をコメント。初のメジャー制覇への自信は、「ゼロでもないし、100でもないって感じです」と話した。

2週前のアイリッシュオープンから欧州での戦いに参戦しているとあって時差ボケもない。直近2位に入った「全米オープン」に比べると「良くないですよ」と話したものの、ショットに関しては一定の手ごたえはある。グリーン周り、パッティングが上位進出のカギを握りそうだ。

世界ランク2位で挑む今大会は、優勝候補として熱い視線が注がれている。日本、海外問わず初のメジャー制覇を期待する声も多いが、「僕じゃないので、期待をかけているのは」と淡々とかわした。

合計2.5ラウンドをこなしてチェックしたコースについては「天気が変わるので、あまり何も考えていないですね。(ポイントは)風。距離もそんなに短くない」。全英らしからぬ好天が続いたことで地面が硬く締まっているが「グリーンはけっこう硬いけど、雨が降ったらどうなるか分からない」と先入観を持ちすぎることなく臨機応変にコースに対応する構え。クラブセッティングは大幅な変更はないものの、練習ラウンドの中でメーカー担当者と話し合い、ウェッジに細かな調整を施していた。

この全英オープンで20回の節目となるメジャー挑戦。「数えてないですよ。日本人で誰が一番出てるんですか?ジャンボさんですかね?」と区切りの数字に大きな意味はないが、積み重ねてきた経験に意味はある。積み重ねたすべてを駆使してメジャータイトルをつかみ取る。

【日本勢のメジャー出場回数】
尾崎将司 49回
青木功 42回
中嶋常幸 37回

松山英樹、石川遼 20回

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>