ここから本文です

ロボットで定型業務を自動化、NECが「RPAソリューション」を発売

7/20(木) 8:10配信

@IT

 NECは2017年7月18日、バックオフィス業務の定形操作をソフトウェアロボットで自動化する「RPA(Robotic Process Automation)ソリューション」の販売を開始した。ソフトウェア製品「NEC Software Robot Solution」を軸に、ソフトウェアロボット導入前の適用検証サービスや導入後の支援サービスも併せて提供する。

 RPAは、人の代わりにソフトウェアロボットが業務アプリケーションやシステムを自動的に操作する製品群やサービスの総称。同社のRPAソリューションでは、バックオフィスに代表されるPCでの定型業務をソフトウェアロボットが代行する。例えば、通常の数倍に膨れ上がる繁忙期の納品伝票入力業務において、「納品伝票をOCRスキャナーでデータ化して、会計ソフトウェアへ入力する」といった作業を、人の代わりにロボットが代行する。臨時で入力担当者を雇わずに済み、かつ入力時間も短縮できるようになる。

 NEC Software Robot Solutionは「画面認識機能」を備え、業務PCで行うデータの収集、加工、集計といった自動化したい一連の作業を記録しておくことで、以降の繰り返し作業を自動化する。既存の作業プロセスやシステムを大きく変更することなく導入可能で、定型業務の品質向上や作業速度の向上が期待できる。また、既存の人的リソースを別の付加価値の高い業務へ移すことで収益性の向上も支援できるとし、実際にNECグループ内の発注管理や工数管理に本ソリューションを適用したところ、約7割の工数削減効果が得られたという。

 導入前の適用検証サービスでは、NECグループの各社が業務に適用して得られた知見を基に「RPAを適用する業務の選定」「RPAの適用診断」「実際のソフトウェアロボット開発」などの目的別サービスを組み合わせたプランを3種類用意する。

 また、24時間365日対応サポートの他、ユーザーによるソフトウェアロボット開発を支援する「開発支援サービス」、ソフトウェアロボットの実装方法を学べる「教育サービス」など、導入後の運用支援サービスも用意する。

 価格は、NEC Software Robot Solution v1.0の3カ月ライセンスで36万円(税別、以下同)/台から。導入前検証サービスは「RPAお手軽プラン」が80万円、「RPA標準プラン」が150万円、「RPAお任せプラン」が350万円。開発支援サービスは、1カ月契約が10万円、1年契約が100万円。教育サービスは、5人まで3時間の研修を行う「基礎研修プラン」が13万円、5人まで2日間の研修を行う「総合研修プラン」が45万円。

最終更新:7/20(木) 8:10
@IT