ここから本文です

フォースメディア、高解像度メディアファイルに最適なNAS

7/20(木) 15:25配信

BCN

 フォースメディア(池田譲治社長)は7月20日、QNAP Turbo NASシリーズの新機種として、高解像度メディアファイルに最適な高性能Thunderbolt 3 NAS「TVS-1282T3」と「TVS-882ST3」を、7月下旬に発売すると発表した。

 TVS-1282T3は、第7世代Intel 14nm Core i7クアッドコアプロセッサと8個の2.5/3.5インチHDD/SSDベイ、4個の2.5インチSSDベイを搭載したデスクトップNASの最上位モデル。4つのThunderbolt 3ポート、HDMI出力、2つの10GbE LANポートなどにより、前世代機を大幅に上回るデータ転送速度と、幅広いアプリケーションに対応する柔軟性を実現している。

 TVS-882ST3は、低消費電力の第6世代Intel 14nm Core i7クアッドコアプロセッサを搭載し、通常の4ベイ機相当のコンパクトなきょう体に、8つの2.5インチSATA 6Gb/s SSD/HDDベイを備えている。そのため、SSDを使って今までにないコンパクトで高性能なNASを構築することができる。また、2つのThunderbolt 3ポート、HDMI出力、2つの10GbE LANポートを含む優れたコネクティビティも有している。

 なお、フォースメディアでは、NASとHDDの互換性を保証し、購入後すぐにできる「HDD搭載モデル」を用意している。また、導入後の安定した運用を支援するフォースメディア独自の保守サービスを「先出しセンドバック保守」「オンサイト保守」「24時間365日保守」から選ぶことができる。

最終更新:7/20(木) 15:25
BCN