ここから本文です

【KNOCK OUT】元UFC戦士・金原正徳、キックデビュー戦でKO勝利

7/20(木) 23:20配信

イーファイト

キックスロード
格闘技イベント「ROAD TO KNOCK OUT.2」
2017年7月20日(水)東京・渋谷 TSUTAYA O-EAST

【フォト】金原の右アッパーが炸裂

▼第6試合 メインイベント 64.0kg契約 3分5R
○金原正徳(リバーサル立川 ALPHA/元SRCフェザー級王者)※キックデビュー戦
TKO 5R1分1秒 ※レフェリーストップ
●中尾 満(エイワスポーツジム/元新日本キックライト級暫定王者)

 金原は2009年8月に小見川道大を破り、初代戦極(SRC)フェザー級王者となり、同年の大みそかには山本“KID”徳郁からも勝利。14年9月にはUFC初参戦を果たし、1勝2敗の戦績を残す。16年12月、国内復帰戦をDEEPで行い、ローマン・アルバレスに1Rわずか30秒でTKO勝ちを収めた。対する中尾は18勝(6KO)25敗4分の戦績を持つベテラン選手で、前回のROAD TO KNOCK OUTでは、新星の茂木俊介を相手に熱戦を展開して引き分けている。

 1R、低いガードから左ジャブを的確に当てる金原が序盤から主導権を握る展開。さらにボディブローでも削りながら左ジャブを当てると、中尾は早くも鼻血を出し2Rにはドクターチェックが入る。

 強引に前に出る中尾は意地からか、パンチのみを返していたが、3Rになると右ミドルを交ぜて前進。変わらず金原はほぼパンチのみの攻撃で左ジャブ、右ストレートをクリーンヒットさせるが、中尾はタフネスぶりを発揮し倒れない。

 5R、金原がラッシュを仕掛けると中尾は防戦一方に。レフェリーがストップし、金原がTKO勝ちした。マイクを握った金原は「MMAファイターの金原です。初めてのキックの試合で凄く怖かったけど、凄く楽しかったです。次のリングは決まってませんが、KNOCK OUTに呼んでもらえればまた上がりたいです」と連続参戦をアピールした。

最終更新:7/20(木) 23:20
イーファイト