ここから本文です

マンC、レアルDFダニーロ獲得に近づく 複数ポジションで起用へ

7/20(木) 10:39配信

ISM

 マンチェスターC(イングランド)は、レアル・マドリー(スペイン)DFダニーロの獲得に近づいているようだ。現地時間19日、英『スカイスポーツ』など複数メディアが伝えている。

 ブラジル代表の右サイドバックには、チェルシー(イングランド)が強い関心を示し、交渉を行っていると伝えられていた。しかし、行先はライバルであるマンCになるようだ。報道によると、レアルとマンCは、移籍金2650万ポンド(約38億6000万円)で合意に至ったいう。

 マンCは前週、同ポジションのDFカイル・ウォーカーを、守備の選手としては史上最高額の5000万ポンド(約73億7000万円)+ボーナスと伝えられる額で獲得している。しかしペップ・グアルディオラ監督は、ダニーロは左サイドバックや、自身の考えるホールディングMFの役割など、複数のポジションで起用が可能だと考えているようだ。

 2015年に、ポルト(ポルトガル)から3150万ユーロ(約40億6000万円:当時)とみられる移籍金でレアルに加入したダニーロ。6年契約を結ぶなど大きな期待を受けて加入したが、DFダニエル・カルバハルにポジションを譲り、昨季は先発出場17試合にとどまっていた。

最終更新:7/20(木) 10:39
ISM