ここから本文です

ユーヴェ、シュチェスニー加入を正式発表「ためらいはなかった」

7/20(木) 11:24配信

ISM

 ユヴェントス(イタリア)は現地時間19日、アーセナル(イングランド)からポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー(27)を獲得したことを発表した。契約期間は4年間となる。

 前日にメディカルチェックを通過したことが発表されていたシュチェスニーは、19日に正式に契約を結んだ。英『BBC』によると、移籍金は1000万ポンド(約14億6000万円)となる。

 入団会見に臨んだシュチェスニーは「ユーヴェに加入するということは、選ばれた人間だということ。ためらいはなかったよ」「新しい挑戦の準備はできている。ユヴェントスは、僕キャリアの次のステージにおいて、最高の選択だ」と、イタリア王者への入団を喜んでいる。

 またシュチェスニーは、長年ユーヴェの正守護神を務めているジャンルイージ・ブッフォンとすでに話したことも明かし、同選手を「サッカー界のレジェンド」と表現。そして、「ここに来ることができて本当に幸せだ。プレッシャーは感じていない。高い次元でクラブを代表するためにここに来た」と、意気込みを語っている。

 2006年にアーセナルの下部組織に入団したシュチェスニーは、同クラブで132試合に出場した。2015年からは、ローマ(イタリア)に2年間期限付き移籍で加入し、昨季はリーグ戦最多14回のクリーンシート(無失点試合)を達成している。また、ポーランド代表としても38キャップを数えている。

最終更新:7/20(木) 11:27
ISM