ここから本文です

[販売戦略]Amazonの「定期おトク便」対象アイテムが拡大、誰でも「おまとめ割引」が適用に

7/20(木) 21:00配信

BCN

[販売戦略]Amazonの「定期おトク便」対象アイテムが拡大、誰でも「おまとめ割引」が適用に

「定期おトク便」がリニューアル、商品詳細ページや管理ページもより視覚的に見やすく

 総合オンラインストアのAmazon.co.jpは7月20日、対象商品を割引価格で定期的に届けるサービス「定期おトク便」をリニューアルし、これまでAmazonプライム会員限定だった「おまとめ割引」の適用範囲を全ユーザーに広げ、同時に対象商品を約4万6000点に拡大したと発表した。

 これまで対象商品は、おむつ、おしりふき、飲料、サプリメントなどの日用品が中心だったが、リニューアルを機に、ビールやワインなどのアルコール類や、掃除用品、釣り具・クラフトなどのホビー系商品、ネイルグッズなども新たに対象商品に追加。ペット用品の種類も大幅に増やした。AmazonベーシックのUSB充電ケーブルやHDMIケーブル、LED電球なども対象となっており、今すぐ必要でなければ、指定した時期にまとめて届く「定期おトク便」のほうが安い。

 「定期おトク便」は、1~6か月の間で指定した頻度で、申し込んだ商品を自動的に配送料無料で届けるサービス。毎回、その時点の販売価格から最大10%割り引く。

 さらに、これまではAmazonプライム会員限定の特典として、同一の届け先に配送される「定期おトク便」の商品が同月に3件以上ある場合、「おまとめ割引」として、対象外のおむつ、おしりふき、飲料、ベビーフードを除く各商品の割引率を15%にアップしていた。

 今後は、「おまとめ割引」は誰でも適用される。Amazonプライム会員の特典は一つ減るが、注文後、商品を最短1時間で届ける「Prime Now」や生鮮食品、日用品をまとめて届ける「Amazonフレッシュ」など、プライム会員限定のサービスや特典は年々、増えており、定期便に関しては、利用者の裾野を広げる方針に転換した。

 同時に、商品詳細ページや、「定期おトク便」の管理ページもリニューアル。通常購入と「定期おトク便」の価格の違いや、次回以降に届く商品を把握しやすくした。

最終更新:7/20(木) 21:00
BCN