ここから本文です

世界初挑戦の京口“辰吉ウエア”で必勝宣言「チャンピオンになる」

7/20(木) 6:03配信

デイリースポーツ

 「ボクシング・IBF世界ミニマム級タイトルマッチ」(23日、大田区総合体育館)

 世界初挑戦の京口紘人(ワタナベ)が19日、都内のジムでミット打ちなどの練習を公開した。プロ8戦目、デビューから1年3カ月での世界王座獲得なら国内史上最短。「そこにこだわりはないけど、自分の長所である倒すボクシングで決めたい」と意気込んだ。

 元WBC世界バンタム級王者の辰吉丈一郎からもらったウエアで登場。黒地に金色で大きく「JOE」、その上下に辰吉の家族のネームが入っていた。

 中学1年生でボクシングを始めた京口は大阪帝拳に通い、辰吉と知り合った。「最初は辰吉さん、と言っていたけど『ジョーちゃんと呼べ』と言われて、それからずっとジョーちゃんと呼んでいます」と言う。

 基本から教わり、「もん絶ボディー」と名付けた必殺の左ボディーは直伝。「死ぬ気で練習頑張れ、と言ってもらった。ジョーちゃんの教え子で、世界戦をするのは初めて。同じ8戦目、KOで勝って世界チャンピオンになる」と宣言した。