ここから本文です

大仁田 沖縄で初の電流爆破デスマッチ「AKB48応援特別試合に!」

7/20(木) 16:01配信

東スポWeb

“邪道”大仁田厚(59)が20日、都内で会見しプロレスリング「A―TEAM」10月21日の沖縄・豊崎美らSUNビーチ大会に出場することを発表した。10月いっぱいで引退する邪道にとって沖縄では最初で最後の電流爆破デスマッチになる。

 この「豊崎美らSUNビーチ」では、6月17日に「AKB48選抜総選挙」の開票イベントが行われる予定だったが、記録的な豪雨により急きょ中止となった。それだけに邪道は「この大会を“AKB48応援特別試合”にしたい。みんな、AKBが好きなんじゃ」と説明。A―TEAMのGMを務めるHASEGAWAは開票イベントに行くことができなかったAKBファンに配慮して「AKBのグッズか何か、ファンであることを証明できるような物があれば割り引きするとか、そういうことを現在検討しています」と説明した。

 試合はビーチという特性を生かした特別ルールが採用される予定。大仁田は「落とし穴に落ちて埋められたら負けとか、海水に10カウント漬けられたら負けとか、会場の特性を生かしたルールにするつもり」と私案を明かした。また会見には株式会社浜松町リザベーションセンターの仲井成豊代表も出席。大会に合わせて東京、名古屋、大阪、福岡から観戦チケット付きの沖縄ツアーを発売することも発表した。

最終更新:7/20(木) 16:13
東スポWeb