ここから本文です

米Appleがセキュリティアップデート一挙公開、iOSやmacOSの脆弱性を修正

7/20(木) 8:26配信

ITmedia エンタープライズ

 米Appleは7月19日、iOSやmacOS、Windows向けiCloudやiTunesなどのセキュリティアップデートを一挙公開した。任意のコード実行に利用されかねない多数の深刻な脆弱(ぜいじゃく)性に対処している。

【Apple security updatesで更新情報を公開】

 iOSはiPhone 5以降とiPad第4世代以降およびiPod第6世代を対象に「iOS 10.3.3」が公開され、計47件の脆弱性が修正された。Apple Watch向けの「watchOS 3.2.3」でもiOSと共通する多数の脆弱性に対処している。

 macOSは「Sierra 10.12.6」と、El Capitan(OS X 10.11.6)およびYosemite(OS X 10.10.5)向けの「セキュリティアップデート2017-003」を公開。同OS向けのWebブラウザはSafariは「10.1.2」に、Apple TV(第4世代)向けのtvOSは「10.2.2」にそれぞれ更新された。

 Windows向けには「iTunes 12.6.2 for Windows」「iCloud for Windows 6.2.2」が公開され、WebKitに存在する任意のコード実行の脆弱性など多数の問題が修正されている。