ここから本文です

浦和イレブン 上西問題ほぼスルー

7/20(木) 16:31配信

東スポWeb

 J1浦和は、サポーターを批判する投稿でツイッター炎上事件を起こした上西小百合衆院議員(34)への新たな対応を迫られている。

 上西氏は、19日の会見でサポーターとの直接対話のセッティングなどを相談するメールを浦和サイドに送ったことを公表。浦和関係者は「メールは確認しました。どういう対応をするか検討していきたい」と認めた。ただ同氏の求めに応じ直接会談を行うかはクラブ事務所が休みだったため、結論は出ていない。

 ピッチ外が騒がしくなっているが、チーム関係者によると、イレブンは上西問題に無関心。実際に取材でもこの問題については、ほぼ“スルー”。日本代表DF宇賀神友弥(29)が「しっかりほかの人の人生を背負って走りたいと思います」と意味深なコメントを残したくらいだ。

 というのも浦和は「スルガ銀行チャンピオンシップ」(8月15日、埼スタ)に出場するため、日程が前倒しになったJ1首位のC大阪戦(22日)が控えているからだ。現在首位と勝ち点9差の8位と低迷するだけに、イレブンはJリーグ後半の巻き返しに向け上西氏の“暴走”に構っている場合ではないようだ。

最終更新:7/20(木) 18:46
東スポWeb

スポーツナビ サッカー情報