ここから本文です

「すごい挑戦」 佐々木希、“セックス依存症”の新妻役で新たな扉を開く

7/20(木) 11:53配信

ねとらぼ

 女優の佐々木希さんと俳優の玉山鉄二さんが夫婦役を演じるオリジナルドラマ「雨が降ると君は優しい」が今秋、Huluで配信されます。佐々木さんは“セックス依存症”という心の病を抱える新妻役を熱演します。

【画像】佐々木さんのこんな姿が見られるかも

 同作の脚本を務めるのは、「家なき子」や「高校教師」など、さまざまな作品を手掛けた野島伸司さん。「いま本当に描きたいドラマ」としてテーマに掲げたのは“セックス依存症”。不特定多数の男性と体の関係を持ってしまう「性嗜好障害」という病を抱えた佐々木さん演じる立木彩が、夫を愛しつつも、逆らえない症状に悩み苦しむ姿が描かれます。

 4月にお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さんと結婚を発表したばかりの佐々木さんは今回の難しい役どころについて、「『すごい挑戦だな』とやりがいを感じますし、女優として新しい扉が開けている気もしています」とコメント。「症状が出たときや、カウンセリングを受けているときの彩は感情が定まらないので、演じ方がすごく難しい」と心境を明かしつつも、「思いっきり楽しみたいと思います」と新境地への意欲をつづっています。

 妻の病気を知ってしまった夫の立木信夫を演じる玉山さんは本作について、「“観る人によって感じ方が違う愛の表現”を織り込んだ作品」だとして、「ディープな愛を疑似体験していただきたい」とアピール。また、性嗜好障害を抱える妻を持つという役について、「“信夫として抱く感情”を大事にしながら撮影に臨んでいます」と意気込みを見せています。

最終更新:7/20(木) 11:53
ねとらぼ