ここから本文です

『キングダム ハーツIII』野村哲也氏に『トイ・ストーリー』のワールド公開など発表内容について訊く【D23 Expo 2017】

7/20(木) 16:03配信

ファミ通.com

●すべてはPS4版とXbox One版の制作を終えてから
 2017年7月14~16日(現地時間)に、アメリカ・アナハイムで開催されたディズニーのイベント“D23 Expo 2017”。ここで2018年発売をアナウンスし、『トイ・ストーリー』のワールドの実装を明らかにした『キングダム ハーツIII』(以下、『KHIII』)について、ディレクターの野村哲也氏にお話をうかがった。

[関連記事]【速報】『キングダム ハーツIII』2018年発売! 『トイ・ストーリー』が新ワールドとして登場【D23 Expo 2017】
[関連記事]『キングダム ハーツIII』ピクサーの『トイ・ストーリー』ワールド登場に関する公式リリースが到着、トレーラー映像も公開!
[関連記事]会場の動画あり!『キングダム ハーツIII』ウッディとバズも登場したステージイベントをリポート【D23 Expo 2017】
[関連記事]『キングダム ハーツIII』ソラたちの『トイ・ストーリー』バージョンのCGなど新規画像が大量に到着!

 なお、週刊ファミ通2017年8月3日号(2017年7月20日)では、D23で発表された内容の総括と、本記事とは異なる野村哲也氏のロングインタビューを掲載。そちらもぜひチェックしてほしい。

[関連記事]『キングダム ハーツIII』野村哲也氏のインタビューとともに『トイ・ストーリー』のワールド情報などを12ぺージで特集【先出し週刊ファミ通】

――PV発表時、会場から挙がった歓声がすごかったですね!

野村 オーケストラコンサート(※シリーズ15周年を記念し、世界各国で開催)のロサンゼルス公演でPVを公開した際も、熱狂的な声援をいただいたのですが、今回もファンの皆さんに喜んでいただける発表ができてひと安心です。ただ、配信では自分の声が聞こえづらかったらしく、そこは残念でした。

――会場ではしっかり聞こえていましたけれどね。とはいえ、会場のファンも配信を観ていた方も、大いに盛り上がったと思います。

野村 前回のD23では、急な依頼だったためコンセプトアートを1枚しか出せなかったことが頭にあり、今回はなるべくたくさん見ていただこうと、PVが長くなってしまいました(苦笑)。本来は長尺のカットシーンを、最低限の意味が通じるように短く編集するなど、緩急含め工夫はしたのですが、それでも長かったですね。

――そのPVで発表された内容に関して、多数の海外メディアの取材が入ったとお聞きしています。

野村 取材はかなり多かったですね。ただ、海外での取材内容が日本に伝わる際には、言っていないことをセンセーショナルな見出しにされて拡散されることも少なくありません。

――『KHIII』が、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で発売される可能性があると報じられていた件でしょうか?

野村 その取材では、『KHIII』のニンテンドースイッチ版について聞かれ、「いまは、すでに発表済みのPS4版とXbox One版での発売が最優先です。そのほかのハードに関しては、それが完成してから検討します」と答えました。

――つまり、いまは予定にない、ということですね。ハードをニンテンドースイッチに絞ったわけでもない。

野村 そうなんです。それが、「検討する」の部分を拡大解釈したのか、“発売の可能性がある”と広まってしまって。“そのほかのハード”はニンテンドースイッチだけではありませんし、それらはすべて、予定されているPS4版とXbox one版の完成後に検討するということです。

――「日本人はHDリマスター作品のXbox Oneへの対応を必要としていない」という発言があったという話も出ていますが、これもそうした齟齬が原因で広まったものでしょうか?

野村 そんなことは話していません。Xbox Oneで過去作のリマスターは出ないのかと聞かれたので、先ほどと同じように、発表済みのタイトルが優先だとお伝えしました。そして「Xbox One Xが発表されたいま、Xbox Oneへ向けて、『KHIII』発売後にそれ(リマスター版)を発表するのは、タイミング的に遅すぎると思う。とくに日本では市場的にも難しいのではないか」とお答えしました。

──海外メディアの取材では、制作に時間がかかっていることも取り上げられていましたが、これは以前のインタビューでおっしゃっていた、ゲームエンジン変更の影響もあるのでしょうか?

野村 そうですね。時間について誤解がないように伝えておくと、ゲームエンジンを切り換えたことでの巻き戻りや、人員計画に沿ったスタッフの異動時期の変更、開発途中に社内方針に合わせて変化する部分は、どのタイトルにも付き物です。これまでの取材でも軽く触れてはいたのですが、あまり認知はされていなかったようですね。社内で変更が起こるのは仕方ないことですし、ファンの方々からすれば無関係なことなので、そうした事情はあまり積極的にお伝えしていませんでした。タイミングに恵まれていなかった時期もありましたが、どこに問題があるということではなく、現在は社内の協力体制を整えてもらえたので安心していただきたいです。

――確かに、そうした予定外の出来事は、社としての方針に従ってのことだったと当時おうかがいした記憶があります。その後、『KHIII』に注力する体制が整い、今回の発表に至ったと。

野村 疑問に対して事実だけを答えても、それはそれで誤解を招くので難しいものがあります。詳細までは説明できませんが、この件はこれで察していただければと思います。

■『トイ・ストーリー』のワールドは原作の制作側からの強い希望でオリジナルの物語に
――ここからは、発表内容についてお聞きしたいと思います。『KHII』のころから『トイ・ストーリー』のワールドを実現したかったとのことですが、その理由や作品としての魅力について教えてください。

野村 まず、『トイ・ストーリー』はCG映画の先駆け的な作品で、見た目のキャッチーさもあります。ピクサーを代表する作品のひとつとして認知度も高い。それと、『KH』の世界観にマッチするというのも理由です。“おもちゃが心を持っている”ことで、『KH』らしい物語ができるとずっと思っていました。

――“心”は『KH』の大きなテーマですから、そこが合致したと。ゲームオリジナルの物語が描かれるというのも楽しみです。

野村 『トイ・ストーリー』も『ベイマックス』も、原作の制作側からの強い希望でオリジナルの物語になることが決まりました。いままでは、ディズニーの映画の著名な場面に、ソラたちが参加するという形でやってきているので、オリジナルの物語がどう受け止められるかは気になるところです。

――『トイ・ストーリー』のワールドの物語は、原作の『2』の後が舞台になるとか。

野村 プロットは『1』と『2』のあいだを想定して書いていたんですが、最終的には『2』の後のストーリーになりましたね。

――ということは、『トイ・ストーリー2』で登場するジェシーやブルズアイは……?

野村 ジェシーたちのほかにも、今回のPVにいないキャラクターがいますよね。カットシーンで少し説明していたと思うんですが、アンディといっしょにいなくなっているおもちゃがいるんです。

――そこはお話に絡む部分だと。ちなみに、ウッディとバズのボイスが日本語吹き替え版のキャストと違うのは、何か理由が?

野村 ディズニーの既存作品に登場するキャラクターの声優は、こちらでキャスティングするものではないんです。そこはディズニーさん側の決定になります。

――そうなんですね。それから、このワールドでは、ソラがおもちゃの姿になっているのもインパクトがあります。

野村 デザインは『KH』チームのアートディレクターが起こし、ピクサーさんと協議のうえで現在の姿になりました。このように、今回もこれまでのシリーズ作同様、ソラたちの姿が変わるワールドがあります。

――それは既存のワールドですか?

野村 どこかは言えません(笑)。自分が、その世界ならではのソラを見たかったので、新たなデザインを起こしています。

――公開が楽しみです。既存のワールドは、まだどこが登場し、あるいはしないのかがはっきりしていない部分もありますが、『KHIII』らしい表現をするにあたって、工夫していることはありますか?

野村 ディズニーの既存のワールドは、必ず違うロケーションを用意しています。また、イェン・シッドの塔のようなオリジナルの既存ワールドでは、これまでにもあったロケーションでも、外に出たときに「こんなに星空が綺麗だったのか」と新たな発見があったりします。トワイライトタウンは、とくにそうした違いや発見が多いかなと。おもに、ディズニーのワールドはゲームプレイによって進行していく場所ですので、新たなロケーションで遊んでもらい、一方、ストーリー進行が主となる既存のオリジナルワールドでは、以前のロケーションが舞台となり、表現力の向上が際立つようになっています。

――ゲームプレイについては、『トイ・ストーリー』のワールドで、ウッディとバズがふたりともパーティーに入っていましたが、どんなシステムになっているのでしょうか。

野村 パーティー編成に関しては最大数は増えていますが、詳細は今後紹介させていただければと。もちろん、彼らとの連携も可能です。

――今回の発表では、キーブレードの変形や、ウッディ、バズとの連携、ロボットに乗ってのFPS風のバトルなど、このワールドだけでも楽しめる要素が満載なのが感じられました。

野村 このワールドにも、『KHIII』全体にも、まだ喜んでいただける要素があると思いますよ。トレーラーで用いているコピー通り、想像は想像で終わるものではなく、実現できる。それを『KHIII』でお見せしたい。皆さんにはぜひ、その世界に飛び込んでいただきたいと思っています。

最終更新:7/20(木) 16:03
ファミ通.com