ここから本文です

日本食専門レストラン「アリガトマンマ」、不況の中でも好調の理由とは=韓国

7/20(木) 15:38配信

WoW!Korea

長期化した景気不況とし烈な競争の中、活発な加盟事業を継続する場所ならば、悩みなく選択してもよい。競争優位を占める明らかな成功原動力を確かに備えていると判断されるからだ。

 日本食専門のカジュアルレストラン「アリガトマンマ」は多くのフランチャイズが“出来ては消える”を繰り返す市場で、7年以上安定的な成長を見せている。ブランドのローンチ段階から神経を注ぎ、現場経験を最優先に完成度を高めているというのが特徴だ。ここ4年間、ほとんど閉店した店舗がないという事実は競争が激しい市場で異例的なことだ。

 「アリガトマンマ」成功の原動力は何なのか。本社の多年間の運営と豊富なノウハウだと言える。7年間の成功ノウハウを土台に失敗する確率を下げ、本社と加盟店が一緒に成長できるシステムを持続的に改善しているという点が最も大きな原動力だ。

 本社は加盟店の成功に焦点を合わせ、無分別な加盟事業を破棄し、体系的な管理システムで安全性を高めた。本社の専門家らの支援を受けて、初心者でも創業できるよう努め、店主との十分な相談を通したオーダーメイド型創業を実行する。創業準備からオープン後の管理まで徹底しているのが特徴だ。

 その中でも最近の消費者ニーズを素早くキャッチし、持続的なメニュー開発等を通して厚い常連顧客層を確保する戦略は、ブランド競争力を強化するなど「アリガトマンマ」の成功に大きい影響を及ぼしている。

 関係者は「7年という長い運営期間を通して豊富なノウハウを積み上げてきたように、アリガトマンマは不況でも信頼できるブランドとなった」とし、「ここ4年間の低い閉店率を見ると、その底力を証明している。持続的な運営ノウハウを組み合わせ、ブランド競争力を強化していった結果だ」と説明した。

最終更新:7/20(木) 15:38
WoW!Korea