ここから本文です

【ボクシング】王者アルグメド防衛戦KO勝利を予告「京口には困難な試合になる」

7/20(木) 18:54配信

東スポWeb

 IBF世界ミニマム級王者のホセ・アルグメド(28=メキシコ)が20日、都内のワタナベジムで公開練習を行い、京口紘人(23=ワタナベ)の挑戦を受ける同王座の防衛戦(23日、東京・大田区総合体育館)への意気込みを語った。

 決戦を前に引き締まった体を披露し、好調ぶりをアピール。この日はシャドーボクシングやミット打ちで軽く汗を流した。

 約2か月前に試合をしたばかりだが「前回の試合の練習もあったから、調整の期間は短くない」と不安はない様子。京口については「彼の試合をビデオで見てきたが、強い選手とはやってきていない。俺は初めて強いライバルとして立ちはだかる存在だ」と、挑戦者の経験不足を指摘した。

 アルグメドは2年前に高山勝成(34)を破り王座を奪取してから「タフな練習をしてテクニックが向上している」と自らの進化を自負する。試合については「左フックをレバーに入れる。攻撃的に行きたい。京口には困難な試合になるだろう」と、終始上から目線でKO勝利を予告した。

最終更新:7/20(木) 19:09
東スポWeb