ここから本文です

孫社長「Pepperをばかにする人は、Pepperに追い抜かれる」

7/20(木) 16:43配信

ITmedia NEWS

 「ロボット『Pepper』をただの操り人形じゃないかとばかにする人は、進化するPepperに追い抜かれる」――ソフトバンクグループの孫正義社長は7月20日、都内で開いたイベント「SoftBank World 2017」の基調講演でそう話した。同社は今年6月、足や車輪で駆動するロボット開発で知られる米Boston Dynamicsの買収を発表。孫社長は、動き回るロボットとAI(人工知能)の組み合わせが世の中にもたらす変化を展望した。

【画像】Boston Dynamicsの犬型ロボット

 買収したBoston Dynamicsは、米Google親会社・Alphabet傘下だった企業。起伏のある場所でも約150キロの荷物を運べる犬型ロボット「BigDog」、障害物を避けながら歩くヒューマノイドロボ「Atlas」など先進的なロボットを開発している。

 孫社長は、AIを搭載する「スマートロボット」が、人間と同じように街を歩き始め、空を飛んだり、海を潜ったりする未来を想像していると話す。

 「スマートロボットは、工場の組み立てロボットとは決定的に違う」と孫社長。例えば「ロボットのような動き」「ロボットのような人間」といった表現があるように、多くの人々は「ロボットは機械的な単純作業しかできない」と思い込んでいると指摘する。だが「“彼ら”(ロボット)はAIを搭載することで、スマートロボットに生まれ変わる。自ら学習し、人の心までも理解し、行動するようになる」(孫社長)。

 近年、囲碁や将棋では、AIが人間のプロ棋士を相次いで撃破している。孫社長は「囲碁、将棋だけでなく、あらゆる推論、記憶など、人間がおよそ考える能力を、AIがはるかに超える。そのことは疑う余地がない」と強調する。

 「AIはこれまで“じっとして動かない”スマートフォンやPCに搭載されてきたが、今後は大小さまざまなロボットに組み込まれる」(孫社長)

 そんな未来を描く中で、孫社長は「(ロボットに)超される側ではなく、超す側にいたい。彼らと一緒に世界を変革したい」と意気込む。AIが人間よりも賢くなる時代は、望む望まないによらず到来するとして、「それなら良い方向に導こうじゃないかというのが、私たちの考え」という。

 孫社長の基調講演には、Boston Dynamicsのマーク・レイバートCEOも登場し、4足歩行ロボット「SpotMini」を披露。搭載するステレオカメラ、LiDAR(Light Detection and Ranging)で段差や障害物を避けて歩くなどのデモンストレーションを実施した。

 「Pepperはただの操り人形だと、思ってもらうのは結構。そんなものは入口にすぎない。これからPepperが進化していく中で、いまばかにしている人々は、Pepperに追い抜かれる現実を見ることになる」(孫社長)

最終更新:7/20(木) 16:43
ITmedia NEWS