ここから本文です

パンダ仕様のラッピング列車 JR西日本とアドベンチャーワールドのコラボで8月5日から運行

7/20(木) 17:40配信

ねとらぼ

 JR西日本は和歌山県にあるアドベンチャーワールドとコラボして、ラッピング列車「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」を8月5日から運行します。

【正面から見たデザイン】

 ラッピングに使われるのは、京都駅と和歌山県・新宮駅の間を運行する特急・くろしお号(287系1編成)。先頭部分にはパンダの顔がデザインされ、車体には同園人気の動物たちが描かれます。車内扉にも動物達をデザイン、座席のヘッドカバーはかわいいパンダ仕様に変身します。

 運転初日の8月5日は天王寺駅(8時49分発)~白浜駅(11時8分着)間の臨時列車として運行。6日以降は通常の「くろしお」号の定期列車として運行されます(11月ごろまで実施予定)。

 5日は天王寺駅で出発式が、白浜駅でお出迎えが行われます。さらに、アドベンチャーワールドの動物達とのふれあい(天王寺駅)やパンダうちわのプレゼント(車内)、フラダンスやレイのプレゼント(白浜駅)なども予定されています。

最終更新:7/20(木) 17:40
ねとらぼ