ここから本文です

丸亀城西2年ぶり4強 “必勝”継投で昨年覇者・尽誠学園に勝利

7/20(木) 17:28配信

デイリースポーツ

 「高校野球香川大会・準々決勝、丸亀城西4-3尽誠学園」(20日、レクザムスタジアム)

【写真】6月の招待試合では清宮に2発を浴びた丸亀城西

 丸亀城西が昨年覇者の尽誠学園を下し、2年ぶりの4強入りを決めた。3-3で迎えた九回、2死から2番・中川斗蒼(とあ)内野手(2年)が右翼線二塁打を放つと、3番・水野達稀内野手(3年)の左前適時打で勝ち越し点を奪った。

 その裏、3失点と好投していた背番号10の先発・大西徳哉投手(2年)が2死二塁のピンチを招くと、河本浩二監督(49)は背番号1の大前輝明投手(2年)へ継投。大前は相手エースの7番・元根哲輝投手(3年)を三振に打ち取りゲームセットとなった。

 右横手の大西が粘り強く投げ、球威がある右本格派の大前が終盤のピンチを抑えるのが今年の丸亀城西の“必勝パターン”だ。大西は「序盤は慎重になりすぎて点を取られたけど、後ろに大前がいるから安心して投げられた」と笑顔。大前は「ピンチで抑えるのが自分の仕事。腕を振って投げられた」と話した。

 丸亀城西は22日の準決勝で丸亀と対戦する。