ここから本文です

【浦和】再開初戦のC大阪戦へ…遠藤「勝ち点差9はひっくり返せない差じゃない」

7/20(木) 13:32配信

スポーツ報知

 浦和は20日、さいたま市内でリーグ再開初戦のC大阪戦(22日・長居)に向けた調整を行った。

 C大阪には第2節のホームでの対戦(3月4日)で3―1で快勝したが、当時と状況は違う。C大阪は守備的選手だったMF山村の前線配置が的中し、前半戦を首位で折り返した。一方、浦和は2度の2連敗などでペトロヴィッチ監督の辞任騒動が起きるなど8位に低迷。対照的な前半戦を終えた。

 日本代表DF遠藤は「チームとしても個人としても天皇杯と(親善試合の)ドルトムント戦と、ある程度良いパフォーマンスが出来た。良い状態で臨める」と自信。要注意選手には山村を挙げ「前回での対戦ではFWではなかった。(杉本)健勇と同じく高さがあるし、注意したい」と警戒。GK西川も「(首位の)C大阪との勝ち点差はまだ9だし、ひっくり返せない差じゃない。自分たちの結果に集中したい」とキッパリ。勝負の後半戦に向け、昨季リーグ最少失点(28)を誇った本来の堅守を取り戻す構えだ。

最終更新:7/27(木) 3:31
スポーツ報知