ここから本文です

LACCO TOWER、白と黒の表情見せた15周年記念ワンマン

7/20(木) 22:37配信

音楽ナタリー

LACCO TOWERが結成15周年を記念したワンマンライブ「黒白歌合戦」を東京・LIQUIDROOMと群馬・高崎club FLEEZで開催した。

【写真】LACCOTOWER結成15周年特別企画「黒白歌合戦(こくはくうたがっせん) 白の部」東京・LIQUIDROOM公演の様子。(撮影:鈴木公平)(他13枚)

このライブは「白の部」「黒の部」の2本立てで、LIQUIDROOMでは2部構成、高崎club FLEEZでは2日間に分けて行われた。さらに今回は事前に演奏曲を公表するというLACCO TOWER初めての試みとなった。ここでは7月17日に行われたLIQUIDROOM公演の模様をレポートする。

白の部
バラードやミディアムチューンを中心にした「白の部」。普段はスーツ姿のメンバーだが、この「白の部」では浴衣姿という夏らしい出で立ちでパフォーマンスした。順番にメンバーがステージに登場していき、最後に真っ白な浴衣に身を包んだ松川ケイスケ(Vo)が姿を表すとバンドは、「白の部」にぴったりな「白」をしっとりと届ける。歌い終えると松川が「はしゃいでもらう前に、じっくりと聴いていただければ」と改めて「白の部」の説明をして、ライブを再開。彼らはステージがピンクに染められた「花弁」、真一ジェット(Key)の柔らかなキーボードの旋律から始まる「楓」、ひさしぶりにセットリストに組み込まれた「傘」といった新旧のナンバーを静かに演奏していく。MCでは松川がメンバーそれぞれの浴衣姿について「本当に似合う」「温泉宿の……」「ろくろ回してる方」「女性ですか……」といじり倒してファンの笑いを誘っていった。

中盤には夏を歌った「藍染」、桜の季節を描いた「薄紅」といった季節感満載の楽曲が並ぶ。重田雅俊(Dr)の繰り出すパワフルなリズムに乗せて塩崎啓示(B)と細川大介(G)はお立ち台に登ってフロアを見渡し、真一は椅子の上に立ち上がってプレイするなど、それまでのしっとりとしたムードから一転、エネルギッシュなパフォーマンスが展開された。重田が「こういうライブもいいね」と口にすると、細川は「こんなにたくさんの人に聴いてもらえなかった昔の曲もあって」、塩崎は「またこういうイベントができたら」と口々に今回のコンセプトを楽しむコメントをしていた。

松川が「LACCO TOWERのライブでは最後に『幸せになれたかい?』と聞くことが多いんだけど、その代名詞みたいな曲」と説明した「幸福」でライブはラストスパートへ。次々と拍子の変わる「組絵」をタイトな演奏で届けた5人は最後に「告白」をプレイ。松川が「幸せになれましたかー?」と観客へ問いかけると、フロアからは賛同を意味する盛大な拍手が送られ、「白の部」は幕を下ろした。

黒の部
仲間のバンドマンからのお祝い動画の上映を挟んで、「黒の部」が始まる。レーザーがフロアを照らし、幻想的なムードが広がる中、スーツ姿に着替えた5人は勢いよく登場。松川が「さあさあ参りましょうか! とち狂う準備はできてますか?」と声を上げ、バンドはアップテンポの「蛹」「奇々怪々」を投下する。「白の部」とは打って変わって、ファンも前へ前へと押し寄せながら「オイ! オイ!」と拳を突き上げ、場内の温度は急上昇。「白の部」で松川が「『黒の部』はむちゃくちゃです」と話していた通り、さらにバンドは「模細工」「凡人論」と激しいナンバーを連投する。場内にはレーザーや色とりどりの照明が行き交い、演出もド派手にステージを彩っていった。

彼らはその後、「螺旋」「橙」とミディアムチューンで観客をクールダウンさせるも、「罪之罰」で再びヒートアップ。「少女」では真一がショルダーキーボードを手に、ステージ上のみならず、フロア横をも自由に動き回る。思う存分動き回った彼はステージに戻ってくると「最高だったな」と笑顔を見せた。松川が「白を経ての黒は、たかの外れ方が違いますね」と声を弾ませ、バンドは迫力満点の「怪人一面相」で本編を終えた。

アンコールで再登場した松川は「最高の15周年です」と破顔。するとフロアからは「おめでとうー!」と祝福の声が送られる。続けて塩崎は「毎年7月にLIQUIDROOMで(周年記念ライブを)やらせてもらって今年で5回目になりますが、間違いなく、今日は過去最高です!」と胸を張った。そしてバンドは事前に公開された演奏曲には含まれていなかった「ラッコ節」を大盛り上がりの中でプレイ。熱狂を目の前にした松川が改めて「15周年やってきて一番やってきてよかったなって思うのは、僕らの歌うことに一喜一憂してくれる人がいること。僕らは順風満帆じゃないですけど、少しずつ前に進むために今日ここに立ってますし、みんなのありふれた日常の少しの希望になれればなと思ってます」と真摯に語り、バンドは最後に8月23日に発売されるニューアルバム「遥」の表題曲を力強く届けてワンマンライブ「黒白歌合戦」を締めくくった。

LACCOTOWER結成15周年特別企画「黒白歌合戦(こくはくうたがっせん) 白の部」
2017年7月17日 LIQUIDROOM セットリスト
01. 白
02. 花弁
03. 楓
04. 傘
05. 藍染
06. 薄紅
07. 朝顔
08. 香
09. 幸福
10. 蛍
11. 組絵
12. 告白

LACCOTOWER結成15周年特別企画「黒白歌合戦(こくはくうたがっせん) 黒の部」
2017年7月17日 LIQUIDROOM セットリスト
01. 蛹
02. 奇々怪々
03. 模細工
04. 凡人論
05. 螺旋
06. 橙
07. 罪之罰
08. 葡萄
09. 少女
10. 苺
11. 秘密
12. 怪人一面相
<アンコール>
13. ラッコ節
14. 遥
※塩崎啓示の「崎」は山へんに「立」と書いて「可」の異体字が正式表記。

最終更新:7/20(木) 22:37
音楽ナタリー