ここから本文です

【秋田】花火打線だ!大曲工5回一気10点でコールド4強進出

7/20(木) 21:28配信

スポーツ報知

◆全国高校野球選手権秋田大会 ▽準々決勝 大曲工11―0本荘=5回コールド=(20日・こまちスタジアム)

 連覇を狙う大曲工が、本荘に5回コールドで大勝。2年連続2度目の夏の甲子園へ、あと2勝に迫った。

 1―0の5回に打線が爆発。打者14人の猛攻で、5連打を含む8安打を集中させ、大量10得点を奪った。

 昨夏の角館との決勝でも、4点を追う8回、5安打に野選や敵失が絡んで一挙5点を奪い、逆転優勝。大曲名物にちなんだ“花火打線”は今年も健在だ。

 この日はプロ注目のエース右腕・藤井黎来(れいら、3年)が5回を5安打無失点に抑え、毎回の9奪三振の力投。阿部大樹監督(46)は「良く打線が奮起してくれた。藤井も疲労が蓄積している中で良く投げてくれた」と、目を細めていた。

最終更新:7/20(木) 21:28
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報