ここから本文です

新宿ゴールデン街放火犯に実刑、懲役3年6月判決

7/21(金) 7:03配信

スポーツ報知

 昨年4月、東京・歌舞伎町にある日本有数の飲み屋街「新宿ゴールデン街」で発生した火災で、出火直前に火元となった建物に侵入、放火したとして建造物侵入、非現住建造物等放火の罪に問われている住所不定・無職の春名弘被告(67)の判決公判が20日、東京地裁(駒田秀和裁判長)であり、懲役3年6月(求刑懲役4年)が言い渡された。

 公判の中で春名被告は、建物の侵入については認めたものの、放火に関しては一貫して否認していた。駒田裁判長は放火以外に火災の原因は認められず、春名被告以外に犯行が可能な人物がいなかったと指摘。弁護側の「被告には放火する理由がない」との主張を認めず「住宅が密集した地域で不特定多数に被害を与える可能性があった。危険性の高さを考えると悪質な犯行」とした。

最終更新:7/24(月) 11:51
スポーツ報知