ここから本文です

「正々堂々戦う」 タイサン・サード福島で出陣式

7/20(木) 14:00配信

福島民報

 国内最高峰レース「スーパーGTシリーズ」第4戦は22、23の両日、宮城県村田町のスポーツランドSUGO(菅生)で行われる。福島県内に拠点を移すGT300クラスの「Team TAISAN SARD(チーム・タイサン・サード)」の千葉泰常代表らは19日、福島市の農道空港「ふくしまスカイパーク」で出陣式を行った。
 全8戦のうち唯一の東北開催となる菅生戦を前に、「福島のチーム」をアピールするため企画した。チームを共同運営するサード(本社・愛知県豊田市)が軽飛行機の研究開発拠点を設置するスカイパークを出陣式の会場に選んだ。
 千葉代表が「いよいよ菅生での決戦を迎える。必ず良い成績を残し福島に凱旋(がいせん)したい」と決意を示した。サードの佐藤勝之社長が「多くの県民が応援してくれているのを感じている。活躍を期待してほしい」と話した。小林香市長が激励した。
 山田真之亮、ジェイク・パーソンズの両選手が「チーム・タイサン・サードの精神にのっとり正々堂々戦う」と宣誓した。参加者は健闘を誓いテープカットした。
 チーム・タイサン・サードは今季から車両名を「TAISAN SARD R8 FUKUSHIMA」と改め、車体に「FUKUSHIMA」のロゴを入れた。山田選手は「福島の名を背負っているので、東北開催の菅生戦は一番大切なレース。ベストを尽くし県民を笑顔にしたい」と抱負を語った。
 福島民報社はスポンサーとしてチームを応援している。出陣式に福島民報社から遠藤義範常務が出席した。

福島民報社

最終更新:7/20(木) 17:44
福島民報