ここから本文です

危険すぎる!Amazon自ら激安チャイルドシートをリコール! 未認証品にはご注意を

7/20(木) 6:31配信

オートックワン

アマゾンがチャイルドシートをリコール?

昨日、Amazon(アマゾン)からいつもとは様子が違うメールが届いた。メールのタイトルの最初に【重要】とある。な、なんだろう。この前の買物がカード決済できなかったとか?ドキドキ…と、開いてみたらメールには思いもよらぬ内容が記されてあった!

Amazonが売った中国製激安チャイルドシートを画像で見る

アマゾンが販売していた、「安全性未確認のチャイルドシート」とは?

その内容とは、筆者が2015年に調査のため購入したチャイルドシートについてであった。以下引用。

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。

誠に申し訳ございませんが、Amazonマーケットプレイスの出品者からお買い上げいただいた下記の商品について、国の安全基準に適合していない可能性が高いことが判明いたしました。お客様にご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。恐れ入りますが、商品のご利用を速やかに中止していただきますようお願い申し上げます。

(中略)

出品者から回答が得られなかった場合や、Amazon.co.jpへ返品するように回答があった場合は、下記の配送センターまで宅配便着払いでご返品ください。

返送先住所:〒000-0000 ○○県××市××0-00-0 アマゾン 返品係

ご返品いただいた商品を確認しだい、お支払い方法に応じて返金処理をいたします。返金方法、返金にかかる日数などの詳細は、以下のヘルプページをご覧ください。(引用終わり)

筆者は2001年に長男が生まれたことをきっかけに、全国交通安全普及協会の「チャイルドシート指導員」の資格を取得し、これまで数百台に及ぶチャイルドシートのチェックアップをボランティアで行ってきた。

もちろんチャイルドシートの安全基準や新製品の動向も気になるところで、調査のため2015年にこちらの簡易型激安チャイルドシートを買ってみたのである。その後「最新の安全基準を満たしてない激安チャイルドシート」の代表例をいくつかのメディアで紹介してきた経緯もある。

そして、今回このようなメールがアマゾンから届いて驚いている次第だ。これって、要するにリコールってことなのだろうか? アマゾン本体ではなく、マーケットプレイスの商品でここまで対応するのって凄い!

1/3ページ

最終更新:7/20(木) 13:45
オートックワン