ここから本文です

男鹿に謎の石碑発見!?「和牛祭発祥之地」とは

7/20(木) 11:59配信

CNA秋田ケーブルテレビ

秋田県男鹿市の寒風山に謎の石碑があるという情報を入手した我々は現地へ取材に向かった。するとそこには、和牛祭発祥の地と刻まれた謎の石碑が。
これは一体なんのために建てられたのか。この辺りには牛一頭見当たらないのに。石碑の裏には「設立30周年記念。男鹿地区認定和牛改良組合 加藤義孝」という名前が。
我々は加藤義孝さんを手掛かりに調査を進めた。
すると加藤義孝さんの息子を発見。その加藤義康さんに話を伺うことが出来ました。

この石碑はなぜ建てられたんですか?
「昭和30年代に男鹿地区に和牛が導入され、その30周年を記念して作られました。」

和牛祭とは実在したお祭りなんですか?
「はい。もともとは牛の品評会をこの場所で行っていて、それを村の方たちがお祭りにしたそうです。」

謎の石碑「和牛祭」の正体は、古くから歴史ある和牛産業を伝えるためのものでした。

CNA秋田ケーブルテレビ