ここから本文です

【NFL】カウボーイズRBエリオットが関与疑惑の事件は捜査中断

7/20(木) 11:53配信

NFL公式サイト日本語版

ダラス警察署は現地16日(日)深夜にダラスのバーで発生した事件についての捜査を中断することを明らかにした。この事件にはダラス・カウボーイズのランニングバック(RB)エゼキエル・エリオットの関与も疑われていた。『NFL Network(NFLネットワーク)』のトム・ペリセロが水曜日に入手した、同警察の広報官であるメリンダ・グティエレスによる声明には「7月16日に“Clutch Bar(クラッチ・バー)”で起きた暴力事件は被害者側からの申し立てがないゆえに中断する」と記載されている。ダラスの刑事たちが複数の方法で被害者とのコンタクトを試みたものの、何も進展がなかったようだ。この事件の目撃者からの情報も今のところは届いていない。

【2016年ディビジョナル】パッカーズ対カウボーイズ

警察署はこの事件に関する容疑者を、エリオットを含めて誰一人として逮捕しておらず、同選手の事件関与については全く分かっていない。今回の捜査は一時中断となったものの、ダラス警察署がこの件に関する調査を再開する可能性はゼロではない。この動向を最初に伝えたのは地方番組『WFAA-TV』のレベッカ・ロペスだった。

カウボーイズのオーナーを務めるジェリー・ジョーンズは18日、記者に対してエリオットと事件について会話をしたと明かす一方、その詳細については触れていない。また、ヘッドコーチ(HC)のジェイソン・ギャレットは今週金曜日に実際に何が起こったのかを本人に尋ねる予定だと語った。

NFLネットワークのジェーン・スレイターによると、ギャレットは「この状況では何もコメントしたくない。まだ詳細について情報を収集している段階だ」と述べている。エリオットは先シーズン、新人選手として1,631ヤード、15タッチダウンをマークし、ファーストチームのオールプロにも選出された。