ここから本文です

ラ・リーガのアンバサダー、モリエンテス氏が来日「スペインと日本のつながりができれば」

7/20(木) 18:37配信

スポーツナビ

 かつてレアル・マドリーやバレンシアなどで活躍した元スペイン代表FWフェルナンド・モリエンテス氏が20日、Jリーグを表敬訪問した。

 モリエンテス氏はスペインリーグ(ラ・リーガ)のアンバサダーとして来日し、22日に行われる『明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017』鹿島アントラーズ対セビージャを観戦予定。前日のイベントから参加し、ラ・リーガの魅力や個人の経験を発信していく。

 ラ・リーガでプレーしている日本人選手について、モリエンテス氏は「エイバルの乾(貴士)選手はスペインでもとても注目されている。昨シーズンはとても良いプレーをしていた。柴崎岳選手もテネリフェでの経験があるので、今回移籍したヘタフェでも良い結果を出してくれるのではないか」と高評価。鹿島とセビージャの試合については、「セビージャは新しい監督になったので、試験的に選手を試す場になるだろう」としながらも、「この試合はラ・リーガとしても重要な試合と位置付けているし、私たちにとってはフェスティバルだ。今後もスペインと日本のつながりができればと思っている」と期待をよせた。

 今後の活動については「いろいろなイベントに参加したいし、どんどんと触れ合っていきたい」と抱負を語り、「アンバサダーとして、何度も日本を訪れたいと思っている」と、継続的な活動に意欲を見せた。

最終更新:7/20(木) 18:47
スポーツナビ

スポーツナビ サッカー情報