ここから本文です

子どもたちに人気 オオクワガタで川棚町をPR

7/20(木) 10:01配信

長崎新聞

 子どもたちに人気があるオオクワガタで地元を盛り上げようと、長崎県東彼川棚町の住民有志がオオクワガタの大型パネルを作成した。同町のイベント会場などを訪れた人と一緒に記念撮影してもらい、会員制交流サイト(SNS)で発信してもらうのが狙い。

 有志は同町でオオクワガタの飼育講座を開いている研究会のメンバーと、喫茶店「マッターホルンSA」のオーナー。研究会の山下勝さん(53)は毎年、約100匹の幼虫を県内各地の子どもたちにプレゼントしており、「オオクワガタの町川棚」のイメージ定着に一役買っている。

 パネルは常時、同店前に置いており、町内のイベント会場などに持ち運んで展示する。22日午後1時からは同店で成虫と幼虫の抽選会もある。自然界で希少なオオクワガタに会える町、川棚。一度訪れれば、心も“挟まれる“こと間違いなし?

長崎新聞社

最終更新:7/20(木) 10:01
長崎新聞