ここから本文です

【NFL】パンサーズ、今季はマーティ・ハーニーがGMに

7/20(木) 12:03配信

NFL公式サイト日本語版

カロライナ・パンサーズにマーティ・ハーニーが期間限定で帰ってくる。一時的なジェネラルマネジャー(GM)に指名されたハーニーは現地19日(水)に行われた会見の中で、通常のGMと同様にシーズン中のロースターに関する最終決定権を持つことになると語った。

【2016年第17週】パンサーズ対バッカニアーズ

同GMは「今はヘッドコーチ(HC)のロン(リベラ)と共にロースターに関する情報を迅速に処理している段階。その他、チーム関係者の把握にも努めている。何よりも、来週火曜から始まるトレーニングキャンプに向けて私も万全な準備をしていきたい」と話している。

ハーニーは今月17日に解任されたデーブ・ジェトルマンの後を引き継いだが、同チームは今季終了後にフルタイムの新GMとハーニーを入れ替える予定だ。ハーニーは以前にもパンサーズのGMとして2002年から2012年に解任されるまでの10年間、長期にわたって活躍した。大型契約選手がチーム組織を圧迫し始めたことが主な原因でハーニーはチームを去っているが、ハーニー離脱後にその職を引き継いだのがジェトルマンだった。1年間だけのGM就任とされているものの、オーナーのジェリー・リチャードソンは自分の判断がチームの未来を変えると信じているはずだとハーニーは語る。

「このチームにとって正しい判断をしたい。短期的な視野ではなく、長期的な視野で見てだ。私にはもうやることが一つしかない。全力でやるしかないだろう。私の短期戦だし、それが私の役目。今後も毎年指揮を執るようなつもりで今年1年を戦っていきたい。短期的な目と長期的目の両方を持ち合わせながらやっていくのがベストだと思っている」

今年、パンサーズの中心的存在であるトーマス・デービスとグレッグ・オルセンの2人は長期の契約延長を望んでいる。ハーニーの中で2人の契約延長が最優先事項であるかどうかは明らかになっていない。新GMは19日、たとえ前回の在任時の幕引きが後味の悪いものであったとしても、今は新たな考え方を持って1年という短期決戦に臨むことを誓い、以前の在任時を振り返りながらこのように語っている。

1/2ページ