ここから本文です

《ブラジル》Neymar Jr's Five 日本代表も応援団も健闘

7/20(木) 6:02配信

ニッケイ新聞

 ネイマール・ジュニア・ファイブ世界大会が8日、聖州プライア・グランデ市にあるインスティトゥト・プロジェット・ネイマールJrで開催され、日本代表チームは2回戦で敗退したが、熱心な応援団の声援を受け、最後まで健闘した。

 初戦でモルディブ代表と戦い、4―0で勝ち上った。しかし第2回戦(16強)ではコソボ代表に0―4で負けた。ちなみに優勝したのはルーマニア代表。決勝戦で英国代表を延長1―0で負かした。ブラジル代表は8強戦において4―1でオーストリアに負けた。

 これはバルセロナのスター選手、ネイマールが考案した「路上サッカーを競技化したスポーツ」。自軍が得点すると相手選手が一人抜ける。相手選手がいなくなるか、10分間の結果で勝敗が決まるルールだ。世界58カ国から数万人の選手が1月からの予選に参加し、この世界大会を目指していた。

最終更新:7/20(木) 6:02
ニッケイ新聞