ここから本文です

倒れた高齢者救助、山口市の高校生2人を善行表彰 山口県教委

7/20(木) 14:04配信

宇部日報

119番通報や介抱、迅速な対応

 倒れている高齢男性を見つけ119番通報や介抱をしたとして、山口高1年の田谷隆太郎君と先村康太郎君が19日、県庁で善行者表彰を受けた。県教育長による年2回の表彰で、小学生から高校生(高専を含む)までの勇気ある行動などをたたえる。

 田谷君と先村君は3月1日午後3時ごろ、当時通っていた湯田中付近の路上で、高齢の男性が擦れ違った直後に倒れたのに気付いた。田谷君は近くの人から携帯電話を借りて119番通報し、先村君は救急隊到着までに男性に楽な姿勢を取らせ、「救急車を呼びました。もう少しですよ」などと励ました。表彰式で浅原司教育長は「適切で機敏な行動により、人命が助かった。思いやりのある温かい心を持ち続け、今後の山口を引っ張ってほしい」と伝え、表彰状と図書カードを手渡した。

 田谷君は「2人で行動したので、スムーズに対応できた。倒れた男性が助かって良かった」と話し、先村君は「当たり前のことをやっただけなので、表彰は驚いたし、うれしい」と喜んだ。

最終更新:7/20(木) 14:04
宇部日報