ここから本文です

女性来場者比率が増、定着するロッテの「スーパーレディースデー」

7/20(木) 8:13配信

Full-Count

ロッテが「女性の“楽しい!”ってひとつじゃない」のコンセプトでイベント実施

 今月17日、海の日。千葉ロッテが本拠地を置く千葉市美浜区の空は抜けるように晴れ渡り、最高気温は35度を記録する熱い1日となった。そんな中、ZOZOマリンスタジアムはカップルや家族連れ、涼しげなTシャツ姿の女性たちで賑わいを見せていた。

【データ解析】首位争いの行方は…セパ球団セイバー付き順位表

 この日は千葉ロッテが主催する「スーパーレディースデー2017」の開催日。今年2回目となるこのイベントのコンセプトは、「女性の“楽しい!”ってひとつじゃない」。試合中の応援や球場グルメ、ユニホームの着こなしにも、女性ファンならではの楽しみ方があり、選手やプレーに対する見方も多種多様。いつもとは少し違った視点から球場を満喫したい女性ファンのために、試合開始前から様々なイベントが催されていた。

 まず球場外周正面に設置されている選手パネルが、この日は「2017マリーンズ・イケメン5スペシャルバージョン」で登場。「イケメン5」とは、女性票のみを反映した千葉ロッテのイケメン投票で選ばれた荻野、佐々木、吉田、平沢、成田のことで、花束を持って爽やかな笑顔を見せる彼らのパネルを背に、思い思いのポーズで写真を撮る多くのファンの姿が見られた。

 球場正面の配布ステーションを覗くと、有名アパレルブランドによるオリジナルデザインTシャツ「マリーンズTシャツ produced by ZOZOTOWN」が、女性来場者先着1万5000人に配布されていた。今回は白地にブルーの飾り文字があしらわれた「SHIPSデザイン」と、マゼンタのロゴが鮮やかな「FREAKS STOREデザイン」の2種類が用意され、好きなデザインを選ぶことができる。普段使いにも支障のないグッズは、まさしく女性ファンのツボを突いている。

石川の言葉に二木「胸キュンしました」

 球場外周ボールパークステージでは、レディースデー特別トークショーが行われ、石川と二木の両投手が登壇。石川が「二木、今夜は俺がだいてやるよ(富山弁で奢るという意味)」と囁き、二木が「胸キュンしました」と答えるなど、小気味の良いトークを繰り広げた。

 球場内の売店では「ベリーたっぷりフレンチトースト」や「鶏肉とたっぷりパクチーのフォー」といった、女性にうれしい14種類の限定メニューが販売され、一部が試合開始前に完売するなど好評を博した。また、了徳寺大学マッチデーが同時開催されたため、ファーストピッチセレモニーでは今夏の世界柔道選手権で日本代表に選ばれた角田夏実、志々目愛(いずれも了徳寺学園柔道部所属)が登場した。

 そして、他のパ・リーグ球場でも大好評だった資生堂ジャパン株式会社監修による「勝利の女神メイク」が体験できる「INTEGRATE BOOTH」が大盛況。千葉ロッテオリジナルのマリーンズメーキャップは、アイライナーで左目の目尻に「M」を描く華やかなメイクで、角田と志々目も開場前に体験した。このメイクは資生堂の女性スタッフに施してもらうか、セルフで施すかは自由に選択できる。

 マリーンズメーキャップを体験した女性は抽選で豪華賞品が当たるガラガラを回すことができ、佐々木のサイン色紙をゲットした女性は、「普段はしないようなメイクを友人と一緒にできるので、楽しいイベントだと思います」と笑顔だった。ここでしか手に入らないTシャツを着て、非日常を演出するメイクで青空の下、野球観戦を楽しむ。「インスタ映え」するテーマパークやフェスティバルに参加する感覚で訪れても、球場はその期待を決して裏切らないだろうことを確信させてくれるようなひとコマだった。

1/2ページ

最終更新:7/20(木) 8:13
Full-Count