ここから本文です

錦織出場のシティOP トップ10選手2名にワイルドカード<男子テニス>

7/20(木) 15:49配信

tennis365.net

シティ・オープン

男子テニスで7月31日に開幕するシティ・オープン(アメリカ/ワシントンDC、ハード、ATP500)は19日、公式サイトにて2014年覇者で世界ランク9位のM・ラオニッチ(カナダ)と同10位のG・ディミトロフ(ブルガリア)のトップ10選手2名がワイルドカード(主催者推薦)で出場することを発表した。

【錦織 全米へ「しっかり準備」】

26歳のラオニッチは今大会に3年ぶり3度目の出場。2014年には決勝でV・ポスピシル(カナダ)を下して初優勝を果たした。

また、同じく26歳のディミトロフは3年連続5度目の出場。2013年のベスト8進出が最高成績で、昨年は初戦の2回戦でK・エドモンド(英国)にストレートで敗れた。

その他では、世界ランク7位のD・ティーム(オーストリア)、2015年覇者で同8位の錦織圭、昨年覇者で同13位のG・モンフィス(フランス)、同大会3度の優勝を誇る同32位のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)が出場を表明している。

昨年は、モンフィスがI・カルロビッチ(クロアチア)を下して初優勝を飾った。

また、女子は世界ランク2位のS・ハレプ(ルーマニア)と2015年覇者のS・スティーブンス(アメリカ)がワイルドカードを獲得した。

tennis365.net

最終更新:7/20(木) 15:49
tennis365.net