ここから本文です

一体何が? ジェニファー・ローレンス、舞台『1984年』上演中に退席!

7/20(木) 21:01配信

ELLE ONLINE

オリヴィア・ワイルドとトム・スターリッジ主演の舞台『1984年』。核戦争後、思想や言論が抑圧されている社会を描いた原作は、ドナルド・トランプ政権誕生後改めてベストセラーになっている。当然この舞台も注目の的になっていたけれど、原作以上に過激。拷問シーンや演出が強烈すぎて気分が悪くなる観客もいるほど! なんとあのジェニファー・ローレンスも途中退席してしまったという。

【写真】ジェニファー・ローレンスも顔まで変わった!? セレブ眉ビフォーアフター

今週初めに観劇に訪れたジェニファー。「公演中に席を立って急いで出て行ってしまった。ロビーで気分が悪そうなところを何人かが目撃している」と新聞「ニューヨークポスト」は報道。「劇場の案内係が助けてあげていた」という。でもジェニファーの友人は舞台のせいではなく「彼女はウイルス性胃腸炎にかかっていた」と証言。

とはいえ失神する観客もいるほど過激な内容で話題になっている舞台だけに、まったく無関係とは言い切れないかも。どちらかと言うと図太くて豪胆キャラで知られるジェニファーですら気持ち悪くなる舞台って……すごいかも。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:7/20(木) 21:01
ELLE ONLINE