ここから本文です

窪田正孝『東京喰種』実写化は「自分を消す作業から」 サプライズ登場に200人熱狂【動画付き】

7/20(木) 21:55配信

オリコン

 俳優の窪田正孝(28)が20日、都内で行われた映画『東京喰種 トーキョーグール』(29日公開)の公開直前イベントに出席。会場にサプライズで窪田が登場すると、集まった200人から大きな歓声が上がった。

 同作は、石田スイ氏の人気漫画を実写化。人を喰らう怪人“喰種(グール)”が潜む東京を舞台に、ある事故をきっかけに半喰種となった金木研(窪田)が、もがき苦しむ中、喰種たちの世界にふれ、やがてこの世界のあるべき姿を模索していく。

 窪田は、桜田ひより、白石隼也、柳俊太郎と共に登場。映画について聞かれると口数が少なかった窪田は、人気作の実写化に「極力自分を消す作業から始まります。主張しないというか」と明かし、「(演じた)金木は保守的な役柄なのでそこに徹していました。みんなが個性的なキャラで、ほかの皆さんで作っている感じ。僕は現場で何もしていないからしゃべる権利がない」と語った。

 恐縮していた窪田だが、白石は「頼もしい座長でした」と絶賛。アクションシーンにも果敢に挑み、白石との撮影では「ボコボコにされて刺激的でしたよ」と語った。この日は、MCを務めたコーヒールンバがキャストたちにコーヒーを淹れ、窪田が仕上げを担当した。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:7/20(木) 21:55
オリコン