ここから本文です

アイドルグループ「でんぱ組.inc」を25歳で成功させた女性プロデューサー

7/20(木) 17:56配信

トレンドニュース(GYAO)

テレビに出ることはあまりないが、さまざまな分野で輝く女性に光を当てる『セブンルール』。ドキュメンタリーだが、スタジオにはYOU・青木崇高・本谷有希子・若林正恭がコメンテーターとして登場。トークもあり、ナビゲートしながら進んで行く、新感覚の番組になっている。今回はアイドルプロデューサー・福嶋麻衣子に密着した。

【無料配信】「セブンルール」配信中>>

■福嶋麻衣子とは?

“もふくちゃん”と呼ばれる福嶋は、東京都出身33歳。
クラシックピアノで音楽高校に進み、その後、東京芸術大学音楽学部に進学したが、ピアニストの道は断念する。クラスで一番ピアノがうまい子が、音楽専門のクラスで一番下手になるなど、福嶋自身も挫折を味わっていた。

その後、秋葉原系のアニメやメイド文化に感化され、24歳で友人とライブバーを立ち上げた。そこで働いていた女の子たちを見いだし、結成したのがでんぱ組.inc。25歳で作った初のアイドルユニットで、本人たちも、スタッフも、客も一緒になって夢を見た。「他のアイドルを全員つぶす」勢いで走り出し、6年で日本武道館ライブにまで行きついている。

こうしてプロデューサーとして一躍名をはせた福嶋は、今は若手アイドルグループ・虹のコンキスタドールを指導・全面プロデュースしている。他にPuffyに楽曲を提供したり、CMの制作なども手がけている。

■ネガをポジに変える逆転の発想

若年化した“アイドル”が、文化になりつつある今日。福嶋が発掘し育てているのは、正統派のアイドルではない。“中二病”と言われる“引きこもり”や“不登校”の過去を持ち、社会から外れたティーンエージャーが対象となっている。それまでとは全くスタイルの異なるアイドル・プロデュース業だった。

扱っている楽曲はアキバ系で、ゲーム音楽によくあるタイプ。ところが特徴は歌詞。あえて過去の現実をそのまま歌っている点が他にない。

「いじめられ 部屋に引きこもっていた ゲーセンだけが 私の居場所だった」
「夢破れ やぶれかぶれになってた ふと 気づいたら ここで笑ってた」
「ラジオだけが 友達だった 中二病ひどくて みんなひいてた」

アイドルたちの闇の過去を包み隠さず、しかも実際に経験した本人たちに歌わせてしまう。
欠点を長所に変える。
壁にぶち当たれば立ち止まらずに、別の道を探し続けてきた福嶋自身の生き方が、プロデュースの根底にある。逆転の発想が大きなポジティブパワーを生み出し、新しいアイドル成功の原動力となっているようだ。

1/2ページ